FC2ブログ

今週の記事更新は明日(03/01)に行います。

2021–02–28 (Sun)
諸般の事情につき、すみません。
(この記事は次回更新後に削除します)

ハセガワ1/350隼鷹を作る(その158)

2021–02–21 (Sun)
 前回の続き。
 製作は再び船体に戻ります。

 1年ほど前に、日本画家の新井勝利氏が昭和18年に描いた航空母艦の戦争画がある事を知りました。3部作の2枚目「航空母艦上に於ける整備作業」ですが、ここに描かれている、左舷後部の飛行甲板が斜めに大きく外側に張り出した艦は隼鷹型しかありません。またその周辺の高角砲・照門燈・無線檣・舷側表示灯・作業員控所の形と位置関係も隼鷹型のそれとほぼ一致します。甲板上の零戦の特徴と合わせて、画家自身が実際に隼鷹か飛鷹に乗艦して描いたものではないかと考えます。

 それで、この絵画は斜めに張り出した周辺の甲板が赤茶色で塗られています。隼鷹のこの部分がリノリウムでない事は竣工時の公式図やマリアナ沖海戦直後の写真から明白で、有るとすれば赤茶系統の塗料を部分的に塗っていた可能性ですが、日本の航空母艦に於いてそのような例は聞いた事がなく、訓令等も見当たりません。戦後の隼鷹の写真もここで特に色調が変わっているようには見えません。

 ただし、川崎まなぶ著「日本海軍の艦上機と水上機」(大日本絵画社刊)p192に掲載されている、飛鷹と考えられる発艦作業中の写真では該当部分がエレベーターよりも濃く写っています。また伝聞で根拠に欠ける面がありますが、航空巡洋艦改装後の最上の作業甲板に弁柄入りの塗料を施した話があり、いちがいに否定できない要素もあります。後部エレベーターや鉄甲板が表現されていない点もありますが、周辺がかなり正確に描かれている絵画でわざわざその部分を創作で着色するだろうか、特に強い色を用いているのはそれだけ印象に残ったからではないかという疑問もあります。

(本日の画像はクリックすると別窓で拡大表示します)

 意図が全く不明で確かな根拠もなかったため、絵画を見た当初は製作に反映するつもりはありませんでしたが、昭和17~18年頃にそのように塗装されていた可能性は完全には否定できないと考え直し、該当部を赤茶系の色で塗る事にしました。モデルマスターの4609ブリティッシュ・クリムゾンという、ダルレッドよりややくすんだ色を用いています(上の画像はかなり明るく写したので赤が目立っていますが、実際はもう少し茶が混じった感じです)。


 絵画では赤茶色の艦尾側の端が二手に分かれて描かれています。範囲を起倒式クレーンの蓋までとすると艦首側から見て端が二手に割れるので、そのように塗っています(ただし上述の飛鷹の写真ではクレーンの蓋の部分は濃く写ってはいません)。

 以下次回。

ハセガワ1/350隼鷹を作る(その157)

2021–02–14 (Sun)
 前回の続き。
 機銃と射撃指揮装置と高角砲演習装填砲の仕上げまで。

 25mm機銃はその67で作成したものですが、防盾を付けるためにレインボーモデルの銃架とBIGBLUEBOYの銃身で組んでいました。しかしその後の検討で昭和17年頃の他の艦艇の写真に設置例が確認できない事から防盾は無しとしました。組み合わせる意味も無くなってしまいましたが、今更外して本来の銃架を付ける元気も無いので外しただけとしています。機銃射撃指揮装置はベテランモデルの部品(VTW35038)です。

手前12基が25mm三連装機銃、奥左が89式演習装填砲、
奥右5基が機銃射撃指揮装置です。
(本日の画像はクリックすると別窓で拡大表示します)



 12.7cm連装高角砲用の89式演習装填砲はキットでは戦艦長門の部品の流用(AE19+34、艦載艇セットA同梱)となっています。しかしながら、これは主に戦艦や巡洋艦に搭載された大型のタイプで、飛龍以降の航空母艦は写真や公式図を見ると3型と呼ばれるやや小型のタイプが装備されていたようです。隼鷹は写真がなく上部平面図にも一部しか描かれていませんが、上記の理由から3型装備と判断しています。

 それで3型はこの記事を書いている時点では単独で売られている外部パーツは無く、私が知る限りではフジミの1/350空母飛龍と翔鶴/瑞鶴に入っている部品しかありません。このうち瑞鶴最終時のキットは機銃増設に伴う移設場所が不明のためか丸ごと不要部品になっているので、これを使うことにします。

89式演習装填砲3型(手前)とキットの部品(奥)

 基本はフジミ瑞鶴の部品(F12/13,F14/15,I3,4,15,17,40)ですが、上側の棒状の部品(I4)は私の購入したものには一部成形不良があった上に最後は折ってしまったため金属素材で作り替え、装填手台(I15,40)は高角砲と表現を合わせるためにベテランモデルのエッチングと取り替え、銀色の装填架(I3)も長さを半分に切り詰めています。また基部から前に突き出したモールドの付いている位置が、モデルアート刊スーパーイラストレーションの岡本好司氏のイラストと左右逆で、他に資料を持ち合わせていないので切り取って向かって左側に付けています。

 なお、演習砲に関しては公式図に記載が無かったり、竣工時にはあってもその後の改装で移設場所が不明だったり、そもそも必須のものなのかすらよくわからない、扱いが曖昧な装備品の一つです。そのためか、模型の世界でも公式図に記載があるにもかかわらず省略されていたり、違う形式や砲のものと取り違えていたりと少なからず混乱が見られるので、厳密を期するのであれば注意が必要です。

 次は一旦船体に戻ります。
 以下次回。

ハセガワ1/350隼鷹を作る(その156)

2021–02–08 (Mon)
 前回の続き。

(本日の画像はクリックすると別窓で拡大表示します)

 12.7cm高角砲6基分の仕上げまで。色々怪しいところもありますがこれで通します。


 背面はこんな感じです。

 以降、高角砲演習装填砲、機銃と射撃指揮装置の仕上げの順で進みます。
 以下次回。

ハセガワ1/350隼鷹を作る(その155)

2021–01–31 (Sun)
 再び製作に戻ります。
 まず組立や塗装を後回しにしていた装備品を仕上げます。

(本日の画像はクリックすると別窓で拡大表示します)

 キットの12.7cm連装高角砲はモールド以前に全体的なバランスがあまり良くなく、また後部の装填手台や閃光覆も付属していないので、この製作ではベテランモデルのレジンパーツ(VTW35031)を使用します。その24でも触れましたが、これはその際に一旦組んだ部品ではなく、諸般の事情で再度作り直してい.ます。

 1/350の武装関係は機銃に関しては割と多くの製品が出ていますが、連装高角砲はこのベテランモデルの他に選択肢はほぼありません。今年に入ってベリーファイアから新しく出る告知がありましたが、サンプルを見る限りでは微妙な感じです。


 ベテランモデルの高角砲は表現は良いのですが、旋回手や射手などが詰める上画像右側の窓の開いたシールドの部品の接着指示が曖昧で、位置もはっきり決まらないためどのように接着しても床との間に隙間や段差が空きます。隼鷹は昭和19年春頃とされる放水試験中の写真から高角砲は上部に閃光覆が付くタイプなのでそのように作りますが、実物通りにシールドと砲身を密着させると覆の部品がはまらなくなります。またシールド内部と左側の装填手台の位置関係も狭まったものになるため、覆の部品をはめ込める分だけ空けて接着し、シールドの底の部分はプラ材やエポパテ等で整形し直した方がすっきりしたものになると思います(シールドは床の上に乗せる形になります)。


 背面でシールド内部に入る梯子の右側にあるのが装填手台で、実戦では装填手がこの上に乗って砲弾の装填作業を行います。ベテランモデルのパーツにはエッチングが用意されていますが、あまり強度が高くない事もあって位置決めが難しい部品です。できればもう少し下に下げたかったのですが、船体に付けると背面はあまりよく見えなくなるのでこのままとしています。また各部のステップはアドラーズネストのエッチング(ANN-0031)と置き換えています。


 左後方からはこんな感じです。砲身先端の白塗装は日本ニュースの映像にも映っていて、それより砲身の半分近くまでとしています。

 高角砲の部品は全て塗装済で、残り5基も調整しながら組んでゆきます。次に高角砲装填演習砲も製作します。
 以下次回。

 | HOME |  次へ »

プロフィール

MOMOKO.120%

Author:MOMOKO.120%
職業:自営業見習い
趣味:ブログの通り
模型の守備範囲:船
Webページ:模型の缶詰

現在は1/100初代海王丸の製作を一時休止して、ハセガワ1/350空母隼鷹を製作しています。

Twitter

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー(月別)

02 ≪│2021/03│≫ 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

2021年 02月 【4件】
2021年 01月 【6件】
2020年 12月 【3件】
2020年 11月 【5件】
2020年 10月 【2件】
2020年 09月 【2件】
2020年 08月 【5件】
2020年 07月 【3件】
2020年 06月 【3件】
2020年 05月 【3件】
2020年 04月 【2件】
2020年 03月 【5件】
2020年 02月 【4件】
2020年 01月 【3件】
2019年 12月 【4件】
2019年 11月 【5件】
2019年 10月 【3件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【3件】
2019年 07月 【5件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【3件】
2019年 04月 【4件】
2019年 03月 【4件】
2019年 02月 【4件】
2019年 01月 【4件】
2018年 12月 【3件】
2018年 11月 【4件】
2018年 10月 【5件】
2018年 09月 【2件】
2018年 08月 【4件】
2018年 07月 【8件】
2018年 06月 【5件】
2018年 05月 【3件】
2018年 04月 【4件】
2018年 03月 【5件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【5件】
2017年 11月 【5件】
2017年 10月 【5件】
2017年 09月 【3件】
2017年 08月 【4件】
2017年 07月 【4件】
2017年 06月 【3件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【3件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【5件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【6件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【8件】
2011年 11月 【6件】
2011年 10月 【14件】
2011年 09月 【8件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【6件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【3件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【10件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【2件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【9件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【10件】
2008年 03月 【10件】
2008年 02月 【14件】
2008年 01月 【15件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【15件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【15件】
2007年 08月 【16件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【16件】
2006年 11月 【15件】
2006年 10月 【16件】
2006年 09月 【15件】
2006年 08月 【15件】
2006年 07月 【17件】
2006年 06月 【13件】

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブログランキング

気に入っていただけましたら
押して頂けると励みになります